STUDY WITH ME / Reskilling

セキュリティでは、ゼロトラスト/マイクロセグメンテーション について情報を収集しています。 企業の活動では脱炭素経営について情報を収集しています。 インフラ設計・構築、ハードウェア選定から、アプリ、Javaチューニング、使えるDX、などITコンサルティング業務を会社員として従事しています。   また、脳内から零れ落ちているナレッジ(確認の意味で検索、ど忘れして検索、脳内のバージョンアップ、最新情報へのアップデート)をまとめています。(主に、運用系ツール、開発Java, C++, C#, Python, Swift など)

SDGs と ESG の意味と使い方

Table of contents
ESGの方がキーワードとして有力では?

ESG(環境、社会、ガバナンス)は、企業の社会的責任に焦点を当てた投資の枠組みであり、投資家が企業のESGパフォーマンスを考慮することで、投資先の企業が社会的・環境的責任を果たしていることを評価することができます。

近年、ESGに対する関心が高まっており、投資家や企業がESGに関する情報開示を増やすことが求められるようになっています。

ただし、ESGとSDGsは異なるコンセプトであり、直接比較することはできません。

SDGsは、世界的な貧困や格差、気候変動などの課題に対する取り組みを目的としています。

ESGは、企業が社会的・環境的責任を果たしているかどうかを評価することを目的としています。

ESGとSDGsは、重なり合う部分がありますが、それぞれ異なる視点から取り組むべき課題を示しています。

ESGは投資家や企業にとって重要なキーワードであり、SDGsは国際社会が共通の目標に向けて取り組むべき課題を示したものです。

どちらも重要な視点であり、両方を考慮して持続可能な社会の実現に取り組むことが必要です。

ESGとSDGsの違いについて

ESGとSDGsは、企業や投資家が持続可能な社会を実現するために取り組むべき課題を示したフレームワークです。ESGは環境、社会、ガバナンスの3つの要素からなり、企業が社会的・環境的責任を果たしているかどうかを評価することを目的としています。一方、SDGsは、国際社会が共通の目標に向けて取り組むべき課題を示したものであり、世界的な貧困や格差、気候変動などの課題に対する取り組みを目的としています。

ESGフレームワーク

ESGは、企業が社会的・環境的責任を果たしているかどうかを評価するための指標として、環境、社会、ガバナンスの3つの要素からなるフレームワークです。

  • 環境(Environment)

環境要素は、企業が環境に配慮した事業運営を行っているかどうかを評価するための要素です。具体的には、省エネルギーやリサイクルなどの取り組みや、排出物の削減、環境に配慮した商品やサービスの提供などが含まれます。

  • 社会(Social)

社会要素は、企業が社会的に貢献しているかどうかを評価するための要素です。具体的には、CSR(Corporate Social Responsibility)活動や社員の福利厚生、多様性を尊重した人事制度、地域社会との連携などが含まれます。

  • ガバナンス(Governance)

ガバナンス要素は、企業が法令遵守や倫理的な取り組みを行っているかどうかを評価するための要素です。具体的には、内部統制や監査、取締役会の運営などが含まれます。

SDGs

SDGsは、国際社会が共通の目標に向けて取り組むべき課題を示したものであり、17の目標が設定されています。

目標1:貧困をなくそう

世界の貧困層の割合を半減させ、貧困を根絶するための取り組みを行います。

目標2:飢餓をゼロに

飢餓を根絶し、安全・栄養のある食料をすべての人々に提供するための取り組みを行います。

目標3:すべての人に健康と福祉を

全ての人々に健康と福祉を提供するための取り組みを行います。

目標4:質の高い教育をみんなに

全ての人々に質の高い教育を提供するための取り組みを行います。

目標5:ジェンダー平等を実現しよう

女性の地位向上を図り、男女平等な社会の実現を目指します。

目標6:安全な水とトイレを世界中に

水不足や水質の悪化を解消し、全ての人々に安全な水とトイレを提供するための取り組みを行います。

目標7:エネルギーをみんなに、クリーンに

再生可能エネルギーの普及を促進し、クリーンなエネルギーの提供を目指します。

目標8:働きがいも経済成長も

全ての人々に働きがいのある職場を提供し、経済成長を促進するための取り組みを行います。

目標9:産業と技術革新の基盤をつくろう

産業の発展や技術革新を促進し、持続可能な社会の実現を目指します。

目標10:人や国の不平等をなくそう

人々の格差を縮め、平等な社会の実現を目指します。

目標11:住み続けられるまちづくりを

持続可能な都市開発を促進し、住み続けられるまちづくりを目指します。

目標12:つくる責任、つかう責任

資源の効率的な利用やリサイクルを促進し、持続可能な消費と生産を目指します。

目標13:気候変動に具体的な対策を

地球温暖化の原因である温室効果ガスの排出を削減し、気候変動に具体的な対策を行います。

目標14:海の豊かさを守ろう

海洋資源の保全や海洋汚染の問題解決を図り、海の豊かさを守るための取り組みを行います。

目標15:陸の豊かさも守ろう

森林の保全や生物多様性の保護を促進し、陸の豊かさを守るための取り組みを行います。

目標16:平和と公正をすべての人に

平和で公正な社会の実現を目指し、法の支配や人権の尊重を促進するための取り組みを行います。

目標17:パートナーシップで目標を達成しよう

国境を越えた協力や民間セクターとの協力を促進し、持続可能な社会の実現を目指します。

ESGとSDGsの関係性

ESGとSDGsは、それぞれ異なる視点から持続可能な社会の実現に向けた課題を示しています。ESGは、企業や投資家が持続可能なビジネスを行うための指標であり、SDGsは国際社会が共通の目標に向けて取り組むための指針です。ESGとSDGsは、互いに影響し合い、両者を考慮しながら、持続可能な社会の実現に取り組むことが求められます。企業は、ESGを取り入れることで、社会的・環境的責任を果たし、持続可能なビジネスを行うことができます。一方で、SDGsを達成するためには、企業や政府、市民社会が協力して取り組むことが必要です。両者をバランスよく取り入れることで、持続可能な社会の実現に向けて、より具体的な取り組みが可能になります。

0